本ページはアフィリエイト広告が含まれています
エンタメ PR

櫻井翔が性加害にノーコメントなのはなぜ?zeroを降板する可能性は?

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

嵐のメンバーでキャスターや司会としても活躍している櫻井翔さん。

その櫻井翔さんがジャニーズの性加害報道についてのノーコメントであることが話題になっています。

この記事では、櫻井翔さんが性加害に対してコメントをしない理由などを書いていきます。

櫻井翔が性加害にノーコメントなのはなぜ?

引用:https://www.sanspo.com/resizer/P26WwectI3TzdejBQ6H9fxCBx9A=/360×240/filters:focal(1678×795:1688×805):quality(60)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/sankei/ZWRGNSFOPFKNTMKD62GZ4MWUL4.jpg

 

櫻井翔さんが性加害報道について一切コメントを出さないのはなぜなのか気になるはずです。

性加害に対してノーコメントである理由は

  • 被害者だから
  • 事務所からの圧力
  • 父親が官僚だから
  • タイミングを逃したから

の4つが考えられます。

それぞれの理由について書いていきます。

被害者だから

ジャニーさんの性被害を受けたとカミングアウトは続々とされていますが、現時点でジャニーズ事務所に所属しているタレントはカミングアウトしていません。

おそらく、現在ジャニーズ事務所に所属している方の中にも性被害者はいると思われますが、圧倒的な人気を誇る人がカミングアウトすることは難しいです。

櫻井翔さん自身が性被害を受けた可能性も考えられるので、被害者ならばコメントを出せなくても無理はないと思います。

事務所からの圧力

櫻井翔さんが出演している「news zero」でもジャニーさんの性加害を報道していますが、その時櫻井翔さんはフレームアウトしていました。

これは、ジャニーズ事務所が性加害を報道する時に櫻井翔さんにコメントさせなかったり、テレビに映さないようにさせるという圧力をかけた可能性があります。

櫻井翔さんは、ジャニーさんにお世話になった方なので、あまりジャニーさんに苦言を呈する事はできないと思います。

ジャニーズ事務所自体が相当な権力があるので、テレビ局との間で暗黙の了解があるのかもしれませんね。

父親が官僚だから

櫻井翔さんがジャニーさんの性加害についてコメントしない理由として、父親が官僚だからなのではとも言われています。

父親が上級国民であることで、性加害問題には一切触れさせず、コメントをさせていないのかもしれません。

タイミングを逃したから

ジャニーさんの性加害問題については、5月17日の放送で有働由美子さんが報道をしましたが、そのときに櫻井翔さんは、フレームアウトしたのでコメントをしませんでした。

櫻井翔さんがコメントをする絶好の機会でフレームアウトしていたことからコメントをするタイミングを逃してしまい、コメントを出せなくなったのかもしれません。

少しでもコメントしていれば、非難を受けなかったと思いますが、コメントを出せない状況になってしまいました。

櫻井翔がzeroを降板する可能性

引用:https://www.crank-in.net/img/db/235037230125206_650.jpg

 

櫻井翔さんが「news zero」を降板する可能性があるようです。

降板説は、ジャニーさんの性加害問題に言及しなかったことから批判されたことから流れました。

また、ジャニーズ事務所自体にも批判の声は多く出ており、今後テレビ局がジャニーズのタレントを使いづらくなる可能性も考えられます。

性加害をしていた事務所の所属タレントをニュース番組に起用し続けるのは、結構難しいと思うので、櫻井翔さんがzeroを降板するのではと言われています。

結論として、櫻井翔さんが「news zero」を降板する可能性としては高いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

今回は、櫻井翔さんが性加害問題に対してノーコメントの理由などについて書いてきました。

櫻井翔さんが性加害問題に対してノーコメントである理由は、結構闇が深い問題なのかもしれません。

今後も櫻井翔さんが性加害問題に言及することはないと思いますが、何かしらコメントをしてもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

稲垣吾郎の体調不良の原因・病名は?活動休止の可能性や退所理由も!元SMAPのメンバーで今は、香取慎吾や草なぎ剛とともに新しい地図として活動している稲垣吾郎さん。 その稲垣吾郎さんが2023年6月...