POSTPULPTOP







2020.8.26 Release
Getting Better / Victor Entertainment

初回限定盤


(CD + スペシャルパッケージ仕様)
2,900yen + Tax
VICL-65403
※ボーナストラック『Beat Down』収録
全12曲

通常盤


(CD)
2,700yen + Tax
VICL-65404
全11曲

CD販売


TOWER RECORDS各店・オンライン
HMV各店・オンライン
TSUTAYA各店・オンライン
ビクター公式ショップ
Amazon.co.jp
楽天ブックス

Stream & Download


https://attractions.lnk.to/postpulp


CD購入特典


PPSTK_TOWER PPSTK_HMV PP
TOWER RECORDS
オリジナルステッカー
HMV
オリジナルステッカー
Amazon.co.jp
メガジャケ

※CD購入特典は、先着順で数量に限りがあります(無くなり次第終了)
※TOWER RECORDS新宿店・梅田大阪マルビル店・福岡パルコ店は先着順でサイン入りステッカー(無くなり次第終了)







01.    Introduction
02.    Fabulous, Infamous & Dangerous
03.    Chain Reaction
04.    Last Magic
05.    The Streets of Neo City
06.    Shake It Over
07.    Heartbreak
08.    Satisfaction
09.    Man on the Moon
10.    Do What You Do
11.    Blood Pressure
12.    Beat Down (初回限定盤のみ収録)








Last Magic
Blood Pressure - Acoustic Ver. -

Chain Reaction
Satisfaction






※50音順


福岡から三重の我がスタジオまで700km超えの移動を経て本当に作りにくるものだから、それだけで本当にAttractionsの事を気に入ってしまったんだけど、サポートメンバーのナナちゃん、レーベルの社長にスタッフさん、ディレクターさんまで家に来てしまって倍好きになりました。
夜な夜なサウンドやアレンジの話をしたりとゲームにハマる子供達みたいに音楽を楽しんでるその素敵さとどこから降ってくるのか分からない程の高いセンスの詰まったアルバム「POST PULP」かっこいい、かっこよすぎる。
勉強になります。また呑みましょう。

荒木正比呂 (レミ街/fredricson/中村佳穂BAND)



ファンク、ロック、ソウル、アルバム全体に共通するUK味、UKばっかり聴いてた僕は最高に大好物です。
曲が終わって次の曲が再生されるまでの時間がワクワク楽しみなこの感じ。
いろんな要素がミックスされている、そのバランス感が気持ち良い。
でっかい音で聴きたい。
改めて「POST PULP」リリースおめでとうございます!


Shin Sakiura



そろそろ日本の音楽が世界にバレてくる頃なんじゃないかって思ってるんだ。
GO!GO!Attractions!
Please waving the flag & climbing to the main stage!
I proud that you are my friends!BIG LOVE

中村佳穂



歌がうまい、演奏がうまいアーティストやバンドは今や腐る程いる。
ただ、人の記憶に残るような、特有の”匂い”をもつバンドは本当に少ない。
「Knock Away」の頃から、Attractionsにはそれがあるように感じていたけれど、今作『Post Pulp』を聴いて確信に変わった。
Attractionsには”匂い”があるのだ。
太郎もコメントで挙げている90年代の音楽シーンで歴史に名を刻んだアーティスト達が放っていたような、強烈な”匂い”が。
Attractionsというバンドが、今後どうなっていくのかは分からない。
スタジアムを埋め尽くすようなバンドになるのか、それともうだつの上がらない中年バンドに成り下がるのか、誰にも分からない。
どちらが正解というわけでもないし、時代の流れや、運もある。
いずれにしても、僕は今の彼らが持つこの”匂い”を失ってほしくないな、と思う。
先のことは分からないけれど、2020年という混沌とした年に、彼らがこんなにも素晴らしいアルバムを完成させたという事実は変わらない。
まずは一日でも早く生でこのアルバムの曲を聴きたい。
その時は最前列を確保させてもらうね。

YOSA (YOSA&TAAR)
Attractionsの新しいやつ、期待を遥か斜め上に超えて来たね。
新しいテクスチャーのサウンドで、「お、そう来たか」と思わせつつも、その根っこは全くぶれていない。
泣きながら両手を上げて踊り狂う人々が見える、エモーショナルでグルービーな熱いやつ。
よくできました!

社長 (SOIL&"PIMP"SESSIONS)



このバンドには「何か」あるね。
そう、僕がAtrractionsの好きだと思うところは偉大な音楽家達が紡いできた膨大な音楽ライブラリーの延長線上にありながら、且つそれを今現在から未来へ進化させようとする振る舞いを曲から感じる所なんだ!
彼らのミュージックアーカイブやリテラシーの高さはDJの僕も驚かされたよ。
バンドとして音楽に対して何ができるかって振る舞いを感じるバンドは物凄く稀なんだ。
根っからのミュージックラバーなんだなって嬉しくなっちゃったの覚えてるよ!
もしかしたら彼らは自分達らしい音楽をしようとしてるだけかもしれないけれど(笑)
でもそうだとしても最高にRockじゃん。
自分達の良いと思ったものを自由に曲にする。
物凄く実直で無邪気なあり方は音楽のあるべき姿だって哲学も感じるしね。
うん。そうすごく無邪気なんだ。
それが本当に心地良いね。
AIやアルゴリズムやビックデータに音楽の正義を奪われそうになって「何か」が暴かれそうになっている2020年の音楽シーンに堂々と響く事が同じ音楽家とても嬉しいし、「POST PULP」を通して聴いて確信に変わったよ。
このバンドにある「何か」は今後どんなにAIが進化を遂げても決して暴かれることのない「Magic」がかけられていることにね。

TAAR (YOSA&TAAR)



これは素晴らしいアルバムだ。
俺がプロデュースしたやつより良いじゃないか!
たけちゃん今度俺のやつもお願いします。

山本幹宗



Attractionsとの個人的な出会いはSpotifyプレイリスト。
お互い同じような時期に始まって、初期からたくさん同じプレイリストに入っていて、初めて聞いた時は衝撃を受けたな。
ライブで初対面してからは人間も音楽もすごく魅力的で、ツアーに呼んだり呼ばれたり。
今回のアルバムはすごく多様な音楽的バックグラウンドを感じるけど、やはり彼ららしいエネルギー溢れる踊れる曲達に仕上がっててめちゃめちゃかっこいい。
どうやって作ってるのか、最高に刺激的なバンドです。
早くまた会いたいな。
その時こそは飲みに行こう!笑

Rei (Newspeak)







東京・大阪・福岡のリリースツアーが決定!
チケット発売等の詳細は後日アナウンス致します。

『POST PULP TOUR 2021』

2021年1月10日(日) LIQUIDROOM(東京)
https://www.liquidroom.net/

2021年1月11日(月・祝) Music Club JANUS(大阪)
http://www.arm-live.com/janus/

2021年1月23日(土) BEAT STATION(福岡)
http://heartbeat.webcrow.jp/

◎新型コロナウィルス対策のガイドラインに沿って公演は実施致します
安心して楽しめるように、かつライブの醍醐味を堪能してもらえるよう、充分な対策を致します。
人数(キャパシティ)も絞って行う可能性もございます。
ご理解の程、宜しくお願い致します。